現実逃避ブログ

ゲームやアニメ映画等の感想や、日記を書いてます。ネタバレあります。

時雨、千家ルート@大正メビウスライン

ゲーム雑誌を買いました。
1週間前に雑誌を見たときは立ち読みしただけで買わなかったのに、バックナンバーまで取り寄せてしまった。
私は一体何か。どこに向かうのか。
 
 

大正メビウスラインですが、PSPでフルコン、そしてまだPC版でプレイ中で、時雨、千家ルートはほぼ攻略済みです。

再三言いますが、めっちゃ面白いです。
 
 
 
以下ネタバレ。BL嫌いな人も読まないほうがいいかも。
 

 

 
 
 
時雨ルート
初見でわりとタイプでした。
初めは特徴のある声や、台詞の語尾の伸ばし方がすごい気になったんですけど、やってる内にそこに萌えを感じるようになってしまいました。
語尾が伸びるたびに、キュンとしてしまう。
 
時雨と京一郎が心通わせていく様はドキドキします。
特にお互いの気持ちを言い合うルートは、たまりませんでした。すごく切なかった。
多分時雨ルート嫌な人いないんじゃないかな。なんかもう全て可愛い。爽やかです。
 
 
ほんであのおまじないと言いつつチューするシーンですけど、微笑ましくて笑いました。
時雨と京一郎が可愛い。これしかありません。
 
 
 
 
千家ルート
初見では何も思わなかったキャラ。
とりあえず京一郎が痛そうです。萌えるも何もなんか痛い。
けど、千家と少しずつ心を通い合わせていく様に超絶に萌え。
なので最後には痛さがむしろ快感に。
 
千家ルートは、アメが甘く感じるなぁ。
御拝謁の前の執務室での接吻シーン。あのシーンは萌えた。
全編通してもあのシーンだけは、格別の甘さと思う。
 
あと、奥宮に殺りに行った時に言い放つ、台詞。
 
『「私が京一郎を殺すには、もう遅すぎた。貴様の呪いよりもなお強く、京一郎は、私を…。」
 
虜にした。』
 
 
(グッ…グフッ…)←私が刺された音
 
 
 
この部分、激萌え。演出に痺れました。
この千家の台詞聞いてクリック後に文章だけで、「虜にした。」の表示。しかも一行だけ!!
 
 
デレないSキャラは最強ですね。
ねちねちした理詰め方が私好みでした。
あと声も最高でした。
 
私、キルラキルで好きなのは鬼龍院皐月なんですけど、千家とビジュアルが同じなんですよね。
こういう人、ストライクなんかな?
今更気づきました。
 
 
 
年末に中古のPSP版を購入したのがラッキーだったようで、待望のFD発売、vita版も発売と今は怒涛の大正メビウスライン祭りみたいです。
よかった。すっごく幸せ…。嬉しいです。
いつもウェーブに乗れない私ですが、これは天命だったようです。